旭トステム外装株式会社

旭トステム外装株式会社 代表取締役社長 阪本浩一東日本サイディング事業協同組合の皆様方におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。また日頃より弊社外装商材をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

サイディング業界を取り巻く環境は、堅調な住宅着工に支えられつつも、厳しさを増しながら刻々と変化をしております。

中長期的な見解では、人口減少による住宅着工減のみならず、施工現場での職人不足も懸念されており、ある予測機関では、住宅着工数は市場縮小よりも早く、工事力で頭打ちになるとも言われています。

このような環境の中、サイディング業界全体として皆様と共に取り組むべき課題は、『製品並び施工における質の向上』 『施工力の確保』 と認識しております。

旭トステム外装としましては、製品における質の向上を追求しつつ、多様なライフスタイルに変革しつつある住まい方に合わせた魅力ある高付加価値商品を絶え間なく市場にご提案させて頂き、御採用して頂いた御施主様の資産価値向上に取り組んでまいります。

また、省施工を実現すべく新工法の開発、軽量化基材の開発に取り組みながら、施工における質の向上、施工能力確保を実現して参ります。

このような今後の環境を踏まえた取り組みは、メーカーとしての考えのみに偏らず、市場のお客様や施工会社の皆様の声を貴重なご意見として伺わせて頂きながら、進めていく所存です。

今後も、東日本サイディング事業協同組合の皆様方とともに、引き続き業界の発展に取り組んでまいります。今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。

末筆ながら、東日本サイディング事業協同組合皆様の今後益々のご発展を心よりご祈念申し上げます。

旭トステム外装株式会社
代表取締役社長 阪本浩一

ニチハ株式会社

ニチハ株式会社 代表取締役社長 山中龍夫関東サイディング事業協同組合の皆様方には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。また、設立より9周年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。

さて、住宅業界におきましては、日銀のマイナス金利政策に伴う住宅ローン金利の低下などを受け、足下の新設住宅着工戸数は堅調に推移しております。

しかしながら、中長期的な視点で見ますと、少子高齢化と人口減少により戸建住宅市場の縮小は避けて通ることができません。

わが国の住宅政策も「量の確保から質の向上へ」と転換するなど、業界を取り巻く環境は大きく変化しております。

今、サイディング業界に求められていることは、住宅性能の向上に繋がる「高付加価値商品」であり、「高品質な施工」であります。

ニチハ株式会社といたしましては、お客様のニーズを反映した高付加価値商品の絶え間ない開発と市場へのご提案・ご提供を行ってまいります。

一方で、施工会社の皆様とともに持続的な成長を実現するため、非住宅・リフォームを中心としたニューマーケットに対応する新工法の開発や省施工を実現してまいります。

また、お客様にも地球にも優しい環境を提供し続けることを使命と考え、端材リサイクルシステムの推進やCO₂固定化などによる環境貢献にこれまで以上に取り組み、トップメーカーとして社会的責任を果たしていく所存でございます。

今後も、市場環境は刻一刻と変化してまいりますが、関東サイディング事業協同組合の皆様方とともに、引き続き業界の発展に取り組んでまいりたいと考えております。

末筆ながら、関東サイディング事業協同組合様の今後益々のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。

ニチハ株式会社
代表取締役社長 山中龍夫

ケイミュー株式会社

ケイミュー株式会社 代表取締役社長 野浦高義関東サイディング事業協同組合の皆様におかれましては、平素より多大なるご愛顧、ご支援を賜り、有難く厚く御礼を申し上げます。

さて昨今のサイディング業界は、堅調な新設住宅着工に支えられていますが、中期的に見れば人口減少から来る新築住宅の減少は残念ながら避けられません。

今後継続的な業界の発展の為には、新築市場のみならず非住宅やリフォームといった新しい市場において、サイディングの存在感を皆様とともに高めていかなければなりません。

その中で求められるものは「質の向上」であり、メーカーとしてお客様に価値を認めていただける魅力ある商品作りを目指して参ります。

一方で施工現場での職人不足は深刻さを増すばかりであり、東京五輪を控える関東地区ではさらに厳しい状況となっているものと推察致します。

サイディングはメーカー出荷時点では「半製品」であり、皆様に施工して頂き初めて「商品」となります。

施工力の確保、施工品質の向上は我々メーカーにとっても大きな課題であり、貴組合と連携し取り組んで参りたいと存じます。

加えて、サイディングの更なる軽量化や省施工法の開発等により、施工現場での負担軽減や効率化の実現に向けて取り組んで参ります。

皆様とともに業界の発展の為に努力していく所存でございますので、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。

末筆ではございますが、関東サイディング事業協同組合の益々のご発展を心よりご祈念申し上げます。

ケイミュー株式会社
代表取締役社長 野浦高義